御社の自慢の商品やサービスを売れっ子主婦尾アイデアと行動力で多くの消費者である主婦へお届け致します。
06-6842-9911
  • 好きを仕事にしたい女性の皆様へ
  • 自慢の商品やサービスをもっと売りたい関西の企業様へ
  • トップページ
  • ディーラリエの特徴
  • 会社概要
  • サービス内容
  • プロジェクト&イベント紹介
  • プロママユニットドリマムとは?
  • お問い合わせ

代表ブログ

2012年11月06日 UP
気づいてくれた時から
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然のお電話でした。

しばしご無沙汰していた社長さんだった。

御商売は老舗の食品販売業。老舗だから、もともとの基盤もあればまた新しいことへ挑戦することへのハードルも高い。

時々、私たちの主婦が集まるイベントに協賛いただいたり、口コミのご協力をさせていただいたりしているお得意先様だった。

「岩見さん、ご無沙汰しています、お元気ですか?」季節がら、ちょっと風邪気味?!だったか、声は枯れていたけど、喜々とした空気は感じられた。

私は、お電話いただけたことだけでもうれしかった。

いつもはこちらから営業のごあいさつ電話をしていたから。

「今度、うちで小さなイベントやるので、ぜひ特別ご招待と思いましてね。」

今まで、集客のために、定期的に10万円のチラシ折り込みをやってたんです。

先月からそのチラシ、やめたんです。その代り、店頭でお客様に喜んでもらえる面白い事考えようって思いましてね。

チラシを入れないというのは、なかなか勇気がいりましたけどね、

ところがね、お客さんは減るどころか、徐々に増えてるんです。

「リアルなコミュニケーション」当たり前なんですけどね、岩見さんが言っておられたこと、実感ですわ。

だからね、またね、岩見さんのところで何かおやりになるときはぜひお声をかけてほしいんですよ。

できることは協力させていただきます、それでうちのことをいい印象で知ってもらえるということほど、確かなものはないですね!

そういう社長さんの売る商品のファンはきっと、少しづつでも確実に増えていくに違いないと確信する。

そうしてコアなコミュニケーションで結ばれるファンは少々では揺らがないだろう。

私たちはそんな社長さんの会社を応援します!

関西は特に広告、PRに関してシビアといわれます。

「費用対効果は?」「それで、どれだけ売れるねん?」と。

そういう前に、お客様とのコミュニケーション、お客様に喜ばれる企業である努力をしていますか?

何をしたら喜ぶか、わからないならいち消費者としてアドバイスできます。

私たち、消費のプロである主婦は、馬鹿ではありませんし、心の通う人であるのです。

これだけ安いモノ、いいモノ、があふれている中、どこで買うか・・・

その基準はもっと血の通ったハートと結びついてるということに早く気が付いてほしいと思います。

Facebook
ドリームマムプロジェクト ドリマム 公式スポンサー