御社の自慢の商品やサービスを売れっ子主婦尾アイデアと行動力で多くの消費者である主婦へお届け致します。
06-6842-9911
  • 好きを仕事にしたい女性の皆様へ
  • 自慢の商品やサービスをもっと売りたい関西の企業様へ
  • トップページ
  • ディーラリエの特徴
  • 会社概要
  • サービス内容
  • プロジェクト&イベント紹介
  • プロママユニットドリマムとは?
  • お問い合わせ

代表ブログ

2013年02月22日 UP
楽しい仕事しかやらない主義
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実は、【起業する】などとは考えてなかった。

3人目 が待望の女の子だと分かった時、専業主婦デビューしようと決意した。
30を過ぎての出産は経済的にも精神的にも余裕があって、楽しかった。
子どももかわいいし、幸せだった。
娘の先天的な病気が分かった時、「初めて」の経験が数多くあった。
人生で初めてというほど落ち込んだ。
「弱い者の立場」というものを初めて経験した。
初めて闘病生活というものを知ったし、
初めて努力しても報われないことがあることを知った。

娘の生活のめどがついたとき、「感謝」したかった。
何に感謝するのか?わからなかったが、再び普通の生活ができることへの
感謝の気持ちを何かの形で返したかった、それだけだった。

自分に何ができるのか?ボランティアとかそういうことはおこがましいように思えた。
「自分」は仕事をしながら、主人の事業が軌道に乗るのを支えて、ふたりの子どもを育てて、
そいういう経験から、「初めて」で戸惑うママ達のあしたがちょっといい日になるお手伝いなら
できると思って始めたことが、今に至っている。

だから、楽しいと思える仕事しかしたくない。

私が楽しめる仕事でなければ、周りが楽しめるはずがない。

今、取り組んでいるドリームマムプロジェクトは、私が先頭を切って楽しめる事でなければ
メンバーも楽しめないだろうし、そしてクライアントにも楽しんでもらえない。
子育て主婦たち、女性たちが、いかに喜びと楽しみの連鎖で輝くエネルギーを生み出すか?
それを証明したい、それだけなのです。

アイデアは溢れるほどに湧いてきます。なぜなら楽しいことを作り出すことに限界なんてないのですから。

それを一つ一つ具現化する。
企業様のかかえている問題も私たちが楽しみにかえて差し上げることができたら、
第2関門はクリアーだと思っています。

今からまた新しい挑戦。

だれもやってないことから楽しみを見つけ出すことは、
私にとっては楽しくて仕方のないことなのです。
 

Facebook
ドリームマムプロジェクト ドリマム 公式スポンサー